二次会からの参加はどんなふうにすればいいの?

二次会に参列する場合はどんな服がいいのか、ドレスコードはどうなのか。気になる人は多いと思います。

二次会から出席する人もいれば披露宴から参加の人もいるので、ドレスコードなどはカクテルドレスや、シンプルなワンピースなどがおすすめになります。

振袖や附下などの和装などは二次会には畏まりすぎる部分があるので、シンプルなワンピースなどが女性は二次会から参加の場合はおススメになります。

男性などもスーツなどであれば二次会から参加の場合はもんだいはありません。

 

和装のドレスコード

和装と言えば一般的には着物ですが、着物にもいくつかの種類があります。

未婚女性の第一礼装は振袖になりますが、最近では既婚でも振袖を着用することもあり一概にこれという規定を作ることも難しくなってきました。

二次会は披露宴よりもライトなものになることが多く、和装などでの参加は動きにくさなども出てしまうことや、二次会会場の空調なども予想しづらいことなどからあまり見かけることはありません。

また、立食形式のことも多いことなどから和装などの場合はシミなどができやすくなってしまいクリーニングなどを考えても適しているとは言い難い部分も出てきます。

二次会からの参加の場合などは和装以外のほうがいいかもしれません。

 

 

振袖なども披露宴で無理に着用するよりも、季節に合わせて動きやすい服装や暑さを感じにくいものを優先してももんだいはありません。

 

 

 

 

男性のドレスコード

男性の場合は改まった礼服でなく、スーツなどでも問題はないといえます。

平服などの指定の場合でも、Tシャツなどでの参加はマナー違反になってしまいます。

会食などと同じように扱うことでドレスコードの失敗なども少なくなります。

男性のドレスコードで忘れがちになるのは靴になりますが、靴などもできれば汚れなどは前日のうちに落としておくことが大事になります。

 

靴の色などの指定は特にはありませんが、黒などのダークカラーのほうが無難であることや、白などは出来るだけ避けたほうがいいでしょう。

 

また、靴の形などもデザイン性に富んだものよりも一般的な革靴の形などをえらんでいくことがおすすめになります。

 

バッグなども礼装用のものなどがあればそちらを用いるのがおすすめになります。

 

二次会での演目

二次会での演目で避けるべきものはいくつかありますが、新郎新婦の私生活をネタにしたものや下ネタなどは出来るだけ避けていくほうがいいでしょう。

下ネタなどで定番の演目があるという声があるかもしれませんが、昨今では二次会などもDVDなど保存することも多く、長きにわたって残されるものになります。

 

また、二次会で披露宴の印象を台無しにされたなども多く、二次会も大きなものになってるといえます。できるだけ良い意味で印象に残るものなどをえらんでいくことで、新郎新婦との関係も良好になっていくと考えられます。

 

特に下ネタ系のものは新郎友人がサプライズなどで行うことが多く、二次会に参加した新婦友人などが嫌悪することなども珍しくありません。

ネットなどに多く上がっているものは下ネタのひどさに新郎の人格を疑った、などがあり、これはそういう友人を持つ新郎という言うくくりにされている状態になります。

 

特に二次会は新郎友人と新婦友人や親類などとの軽い顔合わせなどにもなる場です。

その際にも二次会の印象で新しい関係や出会いなどは消されてしまうことも出てきてしまいます。

二次会は様々な役目を持った場になることも珍しくなく、泥酔などもマイナスイメージになってしまいます。

二次会の役割が多様化していることなども意識しておくといいかもしれません。

 

 

二次会の途中退席

二次会を途中で退席する予定などが事前に分かっている場合は新郎新婦に伝えておくことでスマートに退席できます。

幹事の顔などがわかっている場合は幹事に伝えて退出するのもいいでしょう。

代行車などを頼む場合は事前に二次会会場のスタッフに代行を呼んでほしい時間を伝えておくことでスムーズな退席はもちろんですが、代行車が来たことを理由に退席時間を引き延ばすことなどを防止することもできます。

事前に退席する場合で退席後の予定などを遅れさせられない場合などは代行車を先に時間指定で頼んでおくことも方法のひとつになります。

二次会などもですが挙式や披露宴などでもどうしても退席しなければいけないときなどは受付などの人に事前に伝えておくことなども同じように退席しやすくなります。

 

当日の急な要件や、家人の体調不良などの場合には披露宴などのプログラムの合間の時に、ホテルスタッフや新郎新婦の親族で顔見知りの人に、伝えることで退席の際にもトラブルの回避にも繋がります。

この場合は二次会の会費は正規料金を渡しておくことが大事になります。

 

途中退席の場合の二次会の会費

事前に二次会には顔出し程度で退席してしまう場合には新郎新婦と幹事にその旨を伝えておきましょう。この場合は先方からの申し出がある場合は会費などの減額などがありますが、無い場合はきちんとした正規の会費を当日幹事に渡しましょう。

自分の方からすぐに退席するから会費を安くしてほしいなどは言わずに、お祝いとして払うことが大事といえます。

 

 

 

二次会での注意点は?

二次会に参加する際には開始時間まで待ち時間がある場合は近隣に時間をつぶせる場所などがあるかどうかになります。

また、当日にどうしても参加できない事情が出てしまった場合は無理に参加せずに事情を説明し、会費だけを渡すという状態でも問題ありません。

不参加でも会費を渡すことで二次会に参加したかったという意思を伝えることができ、失礼にあたることもありません。

二次会での注意点などは泥酔しすぎないこと、三次会などがある場合は参加できない際には早目に不参加の意思を伝えておくことになります。

代行車やタクシーなどは事前に会場の人に手配してもらうことで待ち時間などもカットできることや、確実な帰宅手段を確保することにも繋がります。

 

 

 

シーズンによっては代行の事前予約が必要

結婚式シーズンなどは二次会の会場の確保も大変ですが、どうように周辺の代行車なども希望の時間帯にとれない場合も多く出てきます。

この場合は三日ほど前に代行車を呼んでほしい時間を二次会の会場に伝えておき、当日に確認するだけでOKになります。

自家用車で挙式や二次会などに参加する場合は代行車の手配、公共機関での参加の場合は終電や終バス、移動のためのタクシーの確保などが大事になってきます。

特に、電車時間などがある人は二次会のひきとめなどをブロックすることもかねてタクシーの手配は遅くても当日、できれば前日までに会場のほうにお願いしたおいたほうがいいでしょう。

タクシーなどは事前予約などで当日の交通手段の確保はもちろんですが、終電などを乗り逃がすリスクの回避、その際に発生する宿泊費などのカットにも繋がります。

また、二次会の日取りが日曜日などの場合は翌日出勤などの人がほとんどになります。

終電などがなくなることは翌日の仕事などにも影響を及ぼしてしまいます。

翌日のことを考え、タクシーなどを手配し終電などを乗り逃がさないようにしておくことも二次会を楽しむために大事なことになります。

二次会をより楽しむためにも手配できる部分は事前に準備しておくと、当日の予定などが狂いにくくなると考えてもいいでしょう。

 

おすすめ記事→二次会用にウェルカムボードは必要?意味合いや利用する際の注意点