トラベル(国内旅行、海外旅行)について

長期休暇などを利用して国内外に旅行する人が年々増えてきていますが、トラベル先として選ぶなら、国内と海外のどちらが良いのでしょうか。

国内旅行は海外旅行と違って現地でのコミュニケーションが楽です。

方言や訛りのある地方では多少の聞き取りにくさはありますが、母国語が通じるので旅行で感じるストレスは比較的少ないといえます。

衛生環境が良いのもメリットとして挙げられます。

道端に落ちているゴミの量は少ないですし、食品も海外と比べて安全性が高いといわれています。

国内旅行は手軽に行けるというメリットがありますが、名所以外の場所には魅力がないのがデメリットといえます。

海外旅行では目新しい各都市の街並みに心躍らせることができますが、住みなれた日本ではそうした体験ができないからです。

物価が高く、思う存分買い物ができないこともデメリットとして挙げられます。

海外旅行では文化の異なる人々とのふれあいを楽しむことができます。

目に映る全てのものが新鮮で、日本ではできない体験もできるので、自分磨きや現実逃避には最適だといえます。

物価が安い国だと現地の料理やお土産をたくさん買うことができるので、買い物好きにはおすすめできます。

しかし、外国語でコミュニケーションをとる必要があること、治安や衛生環境が良くない国が多いというデメリットがあります。

海外旅行にはパスポートが必要ですが、入国先と対立関係にある国のスタンプがあると入国を拒否されることがあるので、海外に行く際には注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です