古希祝いの贈り物におすすめのものと選んではいけないもの

プレゼント

人生七十古来稀なりという漢詩が、古希である70歳にお祝いをするルーツと言われています。

昔は栄養状態が悪い上に医学も進歩しておらず、70歳まで生きることが珍しかった事から、長生きをされた方に対してお祝いをしていました。

しかし現代では70歳まで生きることが稀ではなく、むしろ当たり前になってきています。

十年前と今の70歳を比べてみても今の70歳は大変若々しいです。

なので、どちらかというと長寿のお祝いというよりも、これからも元気に過ごして頂ける様に節目の年を大々的にお祝いをするというのが、現代の考え方となっています。

お祝いを贈るタイミングに特にルールはありません。

その年の始まりや敬老の日、お誕生日にお祝いをするのが一般的です。

プレゼントに何が欲しいか本人に聞いても良いのですが「サプライズで驚かせたい」とか「何もいらないと言われる」という方もいらっしゃるでしょう。

あれこれと悩み疲れされる方もいるでしょうが、古希祝いのプレゼントを選ぶにあたって、おすすめの贈り物や贈ってはいけない物があるのでしょうか。

死や老い、不敬、勤勉を連想されるものはNG

杖

まず、死を連想させるものは、忌み嫌われますので贈るべきではありません。

例えば、仏事でのお返しによく利用されているお茶や、数字の4や9が入ったものは、贈り物としては不適切です。

また、靴下や靴などは足で踏みつけるものなのでお祝いには避けたほうが無難です。

老眼鏡や杖・補聴器などの年寄り扱いするものも失礼にあたりますので、避けたほうが良いでしょう。

時計やバック勤勉を表すと意味を知っておられる方も多いので、あまりお勧めできません。

古希祝いに限らず、目上の方に贈り物をする際に気をつけたい事でもありますので、頭の片隅にでも置いておいて頂きたい事です。

ただし、同居のご家族や近しい方で、そういったものを欲していらっしゃるのであれば、お贈りいただいても構いません。

古希の基本カラーは紫

古希祝いの色は紫色です。

紫色は昔から高貴な色とされており、身分の高い人しか身につける事を許されませんでした。

その様な事から、長寿を祝い尊敬の念を表す意味も込めて、紫色が古希の色となりました。

おすすめは小物・アクセサリー・花束・お酒・趣味用品

酒

贈り物としては、紫色の小物やアクセサリーなどが定番となっています。

ですがお花屋さんにお祝いの用途を告げて、紫色と贈られる方がお好きな色を組み合わせした花束なども喜ばれるでしょう。

その他としてお酒が好きな方であれば、お名前やメッセージをボトルに貼るラベルに印刷してくれるところもあります。

いつも飲まれるものよりもいいお酒や、初めて見る様なお酒を贈るのもおすすめです。

色にこだわらず、ゴルフ用品やスポーツ用品など趣味につながるものも良いですし、興味がありそうなものを見極めて新たな学びのチャンスをプレゼントするのも良さそうです。

旅行

温泉

また、思い出をプレゼントするというのはいかがでしょうか。

まだまだ健脚の方も多い70歳ですので、ご夫婦二人きりでのご旅行をプロデュースされるのも良いでしょう。

その際の注意点は、観光地を何カ所も詰め込みすぎない事です。

たくさん観光をしすぎて、何が良かったのか覚えていないという悲しい結果に終わることも否めません。

興味のありそうな所や、お好きな食材が堪能できる所などのポイントを絞り、移動距離も考慮しながら疲れない旅行プランを立てることをお勧めします。

逆に、お子さんやお孫さんとワイワイ賑やかなご旅行も良いと思います。

お子さんやお孫さんの笑顔がいちばんのプレゼントになるかもしれません。

旅行先を温泉旅館に選んだ場合、予約の時点で古希祝いの旅行である旨を告げておけば、旅館の方も色々なアイデアを出してくれたり、夕食の際の粋な計らいも期待できます。

他の所で着るにはちょっと恥ずかしい紫色のちゃんちゃんこも、宿の個室であれば喜んで着てくれるかもしれません。

更には写真やビデオなどに、たくさんの思い出とお孫さんやお子さん達との笑顔が納められたプレゼントをすれば、帰ってきた後いつでも好きな時に思い出に浸ることができます。

食事会

刺身の盛り合わせ

旅行では日にちの余裕も予算も無いという場合は、食事会もオススメです。

いつも行くお店よりちょっといいレストランを予約したとしてもご旅行よりは低予算で済みますし、数日前に気づいたとしても対応が可能です。

レストランなどでも事前予約しておけば、メッセージプレートやお店独自の様々なサービスがありますので、それを利用しない手はないでしょう。

お好きなものを予約しておけば、好物を覚えていてくれたと更に喜ばれますが、逆に苦手な食材やアレルギーがある場合は必ず事前にお店へ伝えておきましょう。

いずれにせよ、70歳のお祝いをしてくれるという心と、覚えていてくれたことが何よりも嬉しいはず。

おめでとうの言葉と感謝の気持ちを添えて贈り物をすることがいちばん大切です。

いつまでも若々しく元気にお過ごし下さいという気持ちを込めて、おめでとうを伝えましょう。

 

関連記事→古希祝いのプレゼントとして送って良い花と送ってはいけない花