喜寿の定番プレゼントとは

77歳の長寿の記念日として喜寿があります。

77歳まで元気に過ごしてきた事とこれからも健康で長く元気に暮らしていける事を願ってプレゼントを贈ります。

喜寿プレゼントの定番、プリザーブドフラワー

今、その喜寿のお祝いで贈るプレゼントの定番アイテムとしてプリザーブドフラワーが人気を集めています。

なぜプリザーブドフラワーが喜寿のお祝いのプレゼントで人気があるかと言うと貰った相手が花の手入れをする必要が無く手間がかからないためです。

生花を切り取った後に花の樹液を抜き取ります。特殊な液体で色素を花に吸わせて作られているため生花のように枯れる心配がありません。

水が無くても常に瑞々しく色合いも鮮やかでまるで生花のように生きています。水や肥料といった世話が不要で後始末も楽なためプレゼントで大変喜ばれているアイテムです。

生花よりも長く美しさを保てる

鑑賞用として長く見て楽しめるのもプリザーブドフラワーの魅力となっています。

保管状態が良いと3年から5年綺麗な状態を維持出来、室内環境や設置場所によって寿命が変化しますが生花よりも長く見て楽しめる事が魅力です。

直射日光も不要なため日が当たらない屋内の部屋にも飾れます。

空気の除菌・抗菌機能も

プリザーブドフラワーには、光触媒を使用した花もあり光の力で室内の空気を除菌したり抗菌する効果もあり、美しいくだけでなく付随した効果が期待出来るのも特徴です。

玄関やリビング、寝室などに飾るだけで空気を綺麗にしてくれるメリットがあります。

単品の商品とセットにして贈る方法も

プリザーブドフラワー単体でプレゼントされる方も多いですが、写真立てや置き時計にプリザーブドフラワーで飾り付けをして贈る方法も人気です。

プリザーブドフラワーの鮮やかな色合いを使って綺麗に飾り付けする事でプレゼントとしての華やかさが増します。小物類とセットにしたギフトで相手に贈る場合も多いです。

フラワーアレンジメントがしやすいのもプリザーブドフラワーが定番のアイテムとなっている理由で、ダリアやコスモス、薔薇といった花を使って色鮮やかな花束や花飾りを作れます。

工夫してオリジナルのプリザーブドフラワーを贈られる方も多く、手作り感がある点も人気がある理由です。

喜寿では、紫色の物を贈る事が一般的ですので紫色の薔薇の花束やクリスタルローズを使った花のブーケも人気を集めています。

オリジナルで作ったプリザーブドフラワーに感謝の気持ちを込めたメッセージカードを付けて綺麗にラッピングすると喜寿のお祝いには最適です。

花と一緒に感謝の言葉やお祝いの言葉をメッセージカードに付け加える事で忘れられない思い出の記念日になります。

以上、喜寿のお祝いでは貰った人から本当に喜ばれるプリザーブドフラワーが定番アイテムです。

生花のように相手が貰った後に手入れに時間を取られてしまう事が無く、手軽に飾って鑑賞出来ます。

女性だけでなぐ男性にもプリザーブドフラワーを喜寿のお祝いでプレゼントするケースも増えているのが現状です。

今後、両親な祖父母にお祝いを贈る機会がある場合には、プリザーブドフラワーが推奨出来ます。

こちらの関連記事もおすすめ→喜寿のプレゼントの定番商品とは?