喜寿のお祝いに贈って良い花といけない花

喜寿とは数え年で77歳、満年齢76歳の長寿のお祝いです。数え年とは生まれた日が1歳で、元旦を迎えると一歳年を取る数え方です。

満年齢は今の年齢の数え方になります。喜という字の草書が頂上が七左下が十右下が七に見えることからこの呼び名になりました。

長寿のお祝いにはそれぞれお祝いの色があります。今では長寿の人が増えていますが、かつては人生50年といわれていました。

そんな中70歳以上の長寿は大変尊いものとされていました。ですので70歳の古希と77歳の喜寿は日本で尊い色といわれている紫がその色にあたります。

喜寿のお祝いにプレゼントとして贈られるものは紫色が選ばれています。

最近の77歳はまだまだお若いので身に着けるものならば、紫色の帽子やカバン、男女とも紫色の美しい宝石アメジストを使ったカフスやネクタイピン、ブローチなどのジュエリーも喜ばれるため、人気が高くなっています。

喜寿祝いのお花のプレゼント、送って良い花と送ってはいけない花がある

お花を贈るのも定番です。贈るときに気を付けたいことがあります。喜寿祝いのプレゼントとして送って良い花と送ってはいけない花があります。

フラワーアレンジメントで贈るときには紫と白の組み合わせは仏事を連想させますので避けます。

同じ理由から仏花として使用されることの多い、輪菊や小菊は避けます。しかし、菊の中には最近かわいらしい種類も増えてきています。

それらは結婚式のブーケにも使われるものですので慶事につかっても差し支えありません。

ピンポンマムという種類を主にボールブーケというボールのような形で吊り下げられるようになっているブーケはかわいいうえに上品で長寿祝いにもぴったりです。

フラワーバスケットもかわいくて人気が高いものです。フラワーアレンジも多くの種類があって選ぶときに迷ってしまいます。

そんな時は色を気にせずに贈る方の好きな花をリサーチしてそれを基本に紫色や喜寿のテーマカラーのもう一つの色、紺色でまとめるのもひとつのアイデアです。

インターネットでの注文が便利

実店舗でお店の人に相談しながらじっくりと選ぶのもとても良いですが、忙しくて実店舗に足を運ぶのがむつかしいときはインターネット販売でも選ぶことができます。

人気ランキングから選んだり、和のテイストや洋のテイストから選んだり、予算から探したり、色から探すこともできます。

贈り方や飾り易さから選ぶこともできます。

生花ではなくブリザードフラワーがおすすめ

せっかく貰った花を長持ちさせてたいと思う人も多いことから、枯れる心配がなく、いつまでも綺麗な状態で楽しむこができるブリザードフラワーがおすすめです。

いろいろな選び方がありますが、贈るときはできるだけ、直接会ってお祝いの言葉と共に渡すことをおすすめします。

普段なかなか会えないからこそ、時間を作って顔を見せてあげると喜ばれるのではないでしょうか。

忙しくてなかなか時間が取れない、遠距離でお祝いに直接向かうのがむつかしいときは、手書きのメッセージカードや今の写真を添えて近況を伝えると喜ばれるようです。

参考記事→喜寿祝いのプレゼントとして贈って良い花と贈ってはいけない花

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です