アメリカ・チャタヌーガ

アメリカ・チャタヌーガの歴史

チャタヌーガは、アメリカ合衆国テネシー州南東部に位置する観光都市です。

テネシー州でjは4番目の人口数で、全米でも特に住みよい都市の一つに成長しています。

アパラチア工業地帯の主力として知られていたが、公害で環境も悪化してしまったという過去がありました。

再開発によって、現在のような美しい都市へと変化し、商業都市としても発展しています。

チャタヌーガという名前は岩が迫り来る場所という意味を持ち、先住民族であるインディアンのチェロキー語となっています。

そんなチェロキー族は、都市開発の際に、強制移住をさせられてしまい、土地を奪われたという歴史もあります。

現在は観光客が多く訪れているため、産業として力をいれており、ルックアウトマウンテンからの展望、そしてその頂上から走る世界一の急傾斜を走るケーブルカー、岩石と植物が織りなすロックシティガーデン、世界中の淡水魚が集まるテネシー水族館などが人気のスポットとなります。

アメリカ・チャタヌーガの観光スポット

チャタヌーガはアメリカ合衆国のテネシー州にある観光都市です。

最も有名なスポットとしては、ルックアウトマウンテンがあり、南北戦争時代の砦など歴史を感じるものが多くあります。

そして、世界最大の急勾配を登るケーブルカーがあり、ルックアウトマウンテンの麓から頂上までを結んでいます。

ケーブルカーに乗って壮大な景色とゆったりとした時間を過ごすことができるため非常にお勧めです。

次に話題となっているのがテネシー水族館で、テネシー川沿いのチャタヌーガ中心にあるため、ホテルから近いこともあり、気軽に行けることが大きな魅力です。

この水族館の特徴としては淡水魚が中心となっていることで、小さなものから巨大なものまで、世界各地の川や湖から魚が集められており、もちろん日本の魚もいます。

近くには観光案内所もあるため、細かいスポットのチェックにも利用できるでしょう。

テネシー川を展望したいという方には、ウォルナット ストリート ブリッジがおすすめです。

雄大な景色を見ることができるため、写真撮影をするには絶好の場所となります。

アメリカ・チャタヌーガと日本の関係

チャタヌーガというのは、アメリカのテネシー州とジョージア州の間にある町であり、その町名は「岩が迫っている場所」という意味があります。

そこにあるルックアウト・マウンテンにはこ風光明媚な景色を楽しむことができます。観光地としても知られている場所になります。

日本能登の関係については、日本人は多くありません。しかし、岩手県の遠野市では、海外交流事業として高校生や中学生の派遣交流を行っています。

高校生は約3週間、中学生は1週間という期間で、現地にホームステイを行っています。その期間では、チャタヌーガ市の学生との交流を行っているのです。

逆に現地の学生は夏に遠野を訪れて高校に通うようになっています。その際、アメリカの学生をホームステイさせるようになっています。

このように、相互でその国の家を訪問して海外交流を図っているのです。

アメリカの小さな田舎町ですが、自然も多く、見所がたくさんある場所なので、行くだけの価値があることでしょう。

日本からアメリカ・チャタヌーガへの行き方

チャタヌーガというのは、アメリカのテネシー州にある観光地になります。

チャタヌガとも呼ばれており、位置としてはテネシー州とジョージア州の州境にあり、小さな田舎町です。

「岩が迫っている場所」という言葉を意味するチャタヌーガにはルックアウト・マウンテンがあって、とてもすばらしい景色を楽しむことができます。

こちらへのアクセスですが、日本からは直行便がないために、アメリカの大都市にあるメジャーな空港で乗り換えて、近くのメトロポリタン空港に行くのが一番早い方法でしょう。

そのほかには、アトランタなどからツアーで行く方法もあります。

チャタヌーガでは、世界一の急傾斜を味わえるケーブルカーに乗ることができたり、ロックシティ・ガーデンで景色を楽しむことができたり、ルビーフォールズでは鍾乳洞と地底の滝を体験することができたりします。

最近、日本からの観光客も増えつつある観光地になります。一度いってみるのもいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です