ビジネス(企業、店舗、株・投資、法律)について

ビジネスと一言で言っても、様々な形態が有ります。関連する人の数が多く、範囲が最も広いものが、企業と呼ばれるものです。

企業とは、営利を目的として経済活動をするものであり、その業種も規模も実に多岐に亘ります。

身近な個人経営もそうですし、世界規模の大企業と呼ばれる会社もそうです。

そして、企業とは別にとらえられるビジネスとして、店舗が有りますが、関連する人の多さでは引けを取っていません。

店舗は本来、物を売る場所を刺しますが、業そのものとして捉えるのが一般的になっています。

もっとも身近な形態がこの2種類であり、これらは、実際に人の動きが有って成り立っています。

その他に、会社に投資する取引の株、さらに具体的な物を対象にした投資もあります。不動産や先物取引などは分かり易い例です。

またこれらは、常に人が介在していなくても働く事が出来るビジネスとも言えます。

そして、これらすべてのビジネスに関わっているのが、法律です。

法律はそれ自体はあくまで決まり事に過ぎませんが、それ専門のビジネスが有り、それ無しにはあやゆる経済活動は成り立ちません。

こう見ますと、これら全ては、それぞれが関わりが有り、また全ての人に関わっていると言う事が出来ます。

ビジネスとは、人抜きにしては成り立たないものであり、その為の決まり事が有り、そのやり取りにお金が用いられているという事では、全てのビジネスの基本は同じであるという事が出来ます。