贈ったら喜ばれる!88歳のお誕生日プレゼント

米寿とは、八十八歳を迎えるにあたり行うお祝いのことです。

「八」という漢字は、末広がりで縁起が良いとされており、長寿お祝いのなかでも特におめでたいお祝いとされています。

米寿祝いに嬉しいプレゼントは、自宅でよく使うものや部屋に飾ることができるようなものです。

高齢になりますので、安心感を与えるようなもの、部屋で過ごすことを楽しめるようなものが喜ばれます。

似顔絵色紙

飾ることのできるものとして人気があるのは、似顔絵色紙です。インターネットで写真を送るだけで描いてもらうことができます。

温かみのある似顔絵にメッセージを添えて贈ると喜ばれるでしょう。ご夫婦や家族も一緒に描いてもらうことも可能です。

手作りのアルバム・色紙

手作りのアルバムや色紙も贈られると嬉しいプレゼントのひとつです。

本人の写真だけでなく家族の写真やメッセージで華やかに飾り付けするとオリジナルの贈り物になり大変喜ばれます。

誕生日新聞

また、八十八年という月日を思い返すプレゼントとして、お祝いされる当人のお誕生日新聞を贈ることも人気があります。

生まれた年からの誕生日ごとの新聞をセットできます。表紙にタイトルも入れることができオリジナルの表紙を作成できます。八十八年分というと相当なボリュームになります。

誕生日ごとの新聞を読み返しながら、当時の思い出や出来事を家族と語り合うことができるので、貰った方も贈った方も楽しむことができるプレゼントです。

名入れ酒

もし、米寿を迎えられる方がお酒が好きな場合は、名入れのお酒を贈ることも喜ばれます。

名入れのお酒とは、ラベルに名前やメッセージを入れることができ、贈られた人だけの特別なお酒になります。飲む前も飲み終えた後も、記念として飾ることができます。

花束・鉢花

せっかくのお祝いですので、華やかな花束や鉢花も喜ばれます。何を贈ろうか迷った場合は、色鮮やかな花々は心を明るくしますので、贈り物の候補としておすすめです。

高齢の方へのプレゼントですので、あまり手のかからない花を選ぶ方がよいです。長寿祝いには、それぞれテーマカラーがあるので、その色に因んだ花を渡すのも良いアイディアです。

米寿ですので、黄色や山吹色、黄金色に近い色の花を選ぶとよいでしょう。

ただし、花を贈る際にはお供えを連想させるような倫菊や小菊、白や青や緑色といった寒色の花はふさわしくありません。

オレンジや濃紫、濃黄色などの明るく華やかな色の花をメインに選ぶ方が無難です。

座椅子

高齢になると、立ったり座ったりすることも億劫になりがちです。膝への負担を軽くするロータイプの座椅子は使い勝手もよく優しさを形にした椅子です。

デザインもスタイリッシュなものが様々あるのでインテリアとしても喜ばれます。

米寿のお祝いには、金色や黄色のものを贈ることが一般的なようですが、相手の好みや喜びそうなものをチョイスすることが一番です。

物のプレゼントにこだわらず、食事会を開催したり、家族旅行を企画することも大変喜ばれます。また、感謝の気持ちを伝えることも大切です。

堅苦しくなる必要はなく、長生きしてくれたことを素直に感謝するメッセージや手紙が喜ばれます。

 

参考→貰ったら嬉しい!米寿祝いのプレゼントとは