ポルトガル

ポルトガル・首都リスボンのホテルについて

ポルトガルのリスボンは、ヨーロッパにおいて最も西に存在している街で、首都に位置づけられています。
リスボンは、ポルトガルの中でも特徴が多い街で、ヨーロッパ中を見渡しても他には無い特有の雰囲気があります。
推奨されている観光の仕方としては、観光バスなどで歴史的建造物を見て回るというよりも、地元のカフェで寛ぎながら、散歩するのが良いでしょう。
また、ポルトガルにはケーブルカーの文化があるので、ケーブルカーに乗って街全体を楽しむというのも良いものです。

ポルトガルのリスボンで、最も人気が高いスポットが、大きな広場です。
観光雑誌などには、必ず掲載されている場所で、日々多くの人々が行き交っています。
商店街が軒を連ねているので、地元の人々が買い物する様子を楽しむことができ、観光地とは異なる雰囲気でポルトガルを楽しめます。
そして、広場の近くには商店街の他にホテルも多く存在しています。
日本で販売されている書籍において、掲載されていることが多いのは、広場近辺の宿泊施設の場合が多いです。

旅行雑誌に掲載されることが多いホテルが軒を連ねているのは、日本人が好むような上質な宿泊施設が豊富であることが関与しています。
当然、上質であるということは、宿泊費用が高額になりがちですが、日本とは紙幣価値が異なるので、日本人にとってはあまり金銭的負担に感じることがないでしょう。
ロビーには、歴史のある銅像が存在するなど、見どころも多いです。

 

ポルトガル・首都リスボンのその他観光地について

ポルトガルは西ヨーロッパにあり、ユーラシア大陸最西端に位置している国です。面積は日本のおよそ4分の1ほどの小さい国ですが、サッカーや闘牛が盛んな国でもあります。1年を通じて温暖であり、とても過ごしやすい気候であるのも魅力のほかにも、ユネスコの世界遺産に数多くの建築物や自然があります。

ポルトガルの首都リスボンにある代表的な世界遺産は、ジェロニモス修道院やサン・ジョルジェ城があります。ジェロニモス修道院は修道院にもかかわらず大航海時代の栄耀栄華が窺える建築物であり、ポルトガルの大航海時代の繁栄をあらわす独自の建築方法であるマヌエル様式を最高傑作といわれています。

次にサン・ジョルジェ城は、リスボン市内の高台に建てられた城である。高台に位置しているため道中は坂道が多く、なかなかハードな道のりではありますが、道中の景色、そして城壁の上からポルトガルの美しい景色を見ることができます。もちろんサン・ジョルジェ城にはバスやトラムと呼ばれる路面電車を利用して行くことができます。

園内には放し飼いされている孔雀やフクロウ、野生の猫もおり、景色や城のほかにもカメラを向ける機会があります。リスボンは世界遺産以外でも素晴らしいものがあります。

リスボンにはトラムと呼ばれる路面電車が走っています。この路面電車、昔ながらの小さな車両であり、建物と建物の間をギリギリに走る場所もあり、乗っていて少しドキドキしてしまう電車です。路面電車に乗るだけでなく、路面電車が走る音にも注目するのも面白いでしょう。

 

ポルトガル・首都リスボンの動物園について

1884年に開園したリスボン動物園は、ポルトガルの中心のポルテラ空港に近くにあります。地下鉄のジャルディン・ズーロジコ駅を降りるとすぐ目の前にあります。ポルトガル随一を誇る園内は11ヘクタールと広く、ロープウェイに乗ると20分で一周することができます。営業時間は10時オープンで、9月下旬から3月下旬の夏期は20時閉園、3月下旬から9月下旬の冬季は18時閉園です。

園内では、現在330種・約2000点の動物達が飼育されています。無柵放養式展示に力を入れており、キリンやゴリラなど極力檻や柵などの無い形式にしてあります。見学者に危険はないように、岩や池などで自然な柵を作っています。コンクリートの地面ではなく、芝生や土の上で遊具も豊富にあります。動物の自然な生態が身近に見られるようになっています。

無柵放養式展示と並んでの特色は、混合飼育です。ゴリラとチンパンジー、オランウータンとテナガザル、アフリカゾウとミーアキャットなど異なる種類の動物を同じ敷地で飼育をしています。リスボン動物園の人気アトラクションは、イルカとアシカのショーです。入場料金に含まれていますので無料で楽しめます。

園内は緑が多く、クジャクも放し飼いにされており、自然の中のイメージで作られています。240名収容できるレストランや、赤ちゃん連れのためのベビールーム等も完備しています。園の入り口には、自然色豊かな遊園地もあり一日中楽しめるところです。

ポルトガル・首都リスボンのレストラン情報について

ポルトガル旅行をした時にはぜひ現地の料理を堪能したいという方は多いでしょう。ポルトガル料理は意外にも日本人の口にあうものが多く、魚やお米などを中心にシンプルな味付けなので日本人の口にも合いやすいのです。

例えば首都リスボンにはレストラン街がありますが、その中でもオススメなのがアレンテージョ会館です。こちらの中にあるレストランは時間帯によっては人が多いですが、アレンテージョ地方の料理を食べることができます。アレンテージョ料理にはソッパ・デ・レグメスという野菜スープやロビーニョス・デ・ポルコという豚の腰肉の赤ワインソースなどがあります。デザートにはポルトガルでは定番のプディンがオススメです。このレストランは創作料理で高級路線のお店です。

またリスボンのロシオ駅前にある大衆食堂へ寄ってみるのもいいでしょう。気軽に食べられるB級グルメはおいしく、サンドイッチやちょっとしたおつまみが欲しい時に良いお店です。こちらは人気店でいつも店内はお客で一杯です。ポルトガルのパンであるカルカッサにタレで煮込んだ豚肉をはさんだビッファーナやプレーゴという牛肉のバーガー、 トシュタ・ケージョというチーズトーストなどがありますが、スープなども飲むことができます。価格も安いので気軽に入ることができるのもメリットです。

またポルトガルではサングリアも人気なので、お好きな方は試してみるのも良いでしょう。サングリアといえば赤い色が特徴的ですが、最近は白やスパークリングワインで作られたものもあります。

オランダ

オランダについて

オランダには、ユトレヒトという古都があります。ユトレヒトは、首都のアムステルダムから30kmほど南の位置にあり、8世紀頃には宗教の中心地として栄えていました。現在でも、オランダのカトリック教はこのユトレヒトを中心としています。首都のアムステルダムからは鉄道で30分の距離なので、景観を見て食事をして帰る、ということも十分可能です。

また、国土の中心部に位置していることもあり、交通の要所としても非常に重要な都市です。そんなユトレヒトの市内にドム塔は、まさにオランダのシンボルです。この塔よりも高い高さの建物を建ててはならないという暗黙の了解により、古都の美しい景観は守られてきました。

塔の頂上まで465段の階段を上ってそこから見下ろすとオランダを一望できるので、この素晴らしい景色は直に見た方が得策です。また、塔内では鐘を鳴らす体験ができ、ユトレヒトの市内に鐘の音を響き渡らせることができます。また、町並みとしては運河や、水辺のカフェテラスが多く点在しており、非常に落ち着いた雰囲気の街並みとなっています。
市街地は19世紀まで存在した城壁の内側エリアにそのまま、まとまって存在しているので、古い街路構成を今日でも観察することが可能です。また、ユトレヒトはミッフィーの作者が生まれた地でもあるので、ミッフィーを象ったものが市内のいたるところで見つけられます。このように、オランダの古都ユトレヒトには多くの美しい景観が残されているのであり、一度だけではなく二度三度と幾度でも訪れたくなるような都市なのです。

オランダの家庭料理

オランダでは、にしんが多く獲れます。したがって、家庭では、にしんの塩漬けをよく作ります。保存用に塩をきかせて作り、食べる時には塩抜きをして、刻んだ玉ねぎをまぶして食べます。生のにしんに塩味がうまくつき、とても美味しく味わうことが出来ます。

また、パンネンクックというパンケーキもよく焼きます。パンケーキ専門のお店もありますが、家庭では、家族の好みで色々な材料とあわせてパンケーキを楽しみます。リンゴやバナナ、パイナップルなどの果物やチョコレート、生クリームなどとあわせると、楽しいお菓子が出来上がります。
また、ベーコンや玉ねぎ、チーズ、マッシュルーム、ピーマンなどが入ると、朝食や昼食に向いたメニューが出来上がります。美味しいメインディッシュとして、好評です。

オランダの家庭では、さらに、ジャガイモ料理もよく作ります。ジャガイモと野菜を一緒に茹で、茹で上がったら一緒につぶします。塩、こしょうで味付けをして、温かくした太いソーセージと一緒に食べる料理です。とても簡単に出来て、美味しいので、この料理も家族に好評です。ソーセージの上に山盛りのマッシュポテトが乗っているだけのシンプルなものですが、どんなに忙しくてもすぐに作ることが出来るため、多くの主婦にも人気のある家庭料理となっています。
オランダの家庭料理は、簡単で美味しいものが多いですので、多くの主婦は料理をします。また、ボリュームも満点です。家族で味わうと、楽しめます。

オランダ人は、”美”の意識が高い

オランダ人は、”美”の意識が高いのと、
”自分のスタイル”を追求するのが大好きです。
家のインテリアでもそうですが、
お庭のガーデニングにもこだわりが反映されるのです。
オランダ人の考えとすれば、家やガーデンをみられるのは、”自分をみてもらう&知ってもらう”のと、同じことなのです。ガーデンに時間をかけるのは、自信をもって自分をアピールでくることにつながるので、素敵なオランダ風ガーデンがたくさんあるのです。
ガーデンといっても、いったい何から始めたらいいのかしら?
オランダではどういった草花があるのだろうか?
越してきたばかりの時は、庭手入れといっても、何もわからず困りましたが、
さすがオランダです、ガーデンに関する情報が多いのに気がつきました。
各地で、”モデルガーデン”といって、
パティオ用、小川用、秘密の花園用などの、いわゆる見本のガーデンが展示されているのです。その他にも、美術館、ガーデン雑誌、ガーデンショップなどから、”美”を学び、実践できるようになっています。

その見本から得た、アイディアをもとに、チューリップ、ヒヤシンス、ラッパスイセンなど、
自分の好きな花を集めて、少しずつ植え始めれば、イメージがつきやすいです。一旦スタートすると、次々に色や、花感、大小の演出を考えて手を加えていけばいいのです。
もちろん、”自分のスタイル”を大事にするオランダなので、ここはダメだ、あれを増やしたほうがいいなど意見をいってくる人はいません。自然に自分の好きなガーデンを作るのが”オランダ流”なのです。

オランダで生活を始めて幸せに感じたこと

息子が12歳になりました。何度言っても朝はしっかり起きずにいつまでも寝ているし、今も延々と昼寝しているしで、一体この子はどれだけ寝るのかしらと腹も立つけれど、自分で勝手に寝たいだけ寝てくれるまでに成長したのは嬉しいことかなと感じています。
この子が赤ちゃんの時、寝かしつけをするのは本当に大変でした。添い寝はせず、大声で泣き叫ぼうとなんだろうと、お休みの挨拶をしたら一人で泣かせるのがオランダ流。泣いていれば誰かが来てくれると覚えこませないように、早くから自立を促すためです。ですが、大抵の子はしばらくしたら学習して一人で寝るようになるのに、あの子はちっとも諦めず大声で泣いて私を呼び続けたのです。
一人で寝れるまでどれくらいかかったか…もう忘れてしまったけれど、本当に大変でした。今では起こしても起きないくらいですから、大した成長ぶりですね。もう当たり前になってしまった光景だけど、赤ちゃんを育てたことのある人ならこの成長が本当に大きく感じられるはず。
そう、オランダは世界一子供の幸福度が高い国だと先日知りました。教育制度の充実具合や、大人の価値観に縛り付けず自由にみんなで子育てしていく風習がよいのでしょうか。子供自身も、9割の子が自分は幸福だと答えるのだとか。息子も以前なんとなくそんなことを言っていたような気がします。それを思うと、のびのび成長している息子をもう少しだけ寝かしてやろうという気になってしまいますね。

ハリウッド

アメリカのドラマについて

アメリカの映画やドラマの質が上質でいいと思う方は多いのではないでしょうか。
アメリカには言わずと知れたハリウッド映画と呼ばれるものがあり、映画業界はアメリカ最大の産業または文化といっても過言ではないと思いますが、ドラマについてもそれは言えます。ひとつのドラマにはまると大変です。アメリカのドラマは、ヒットすると次のシリーズが何年にもわたり何作も制作されるからです。すべてのシリーズを視聴する方がおおいのもアメリカドラマが好きな人の特徴ではないでしょうか。昨今のアメリカのドラマは、映画界のスターいわゆるハリウッドスターが主人公を演じることも当たり前になってきました。さらには、アカデミー賞を受賞したことのある有名監督がプロディースしたりするものもあります。
アメリカドラマでは、キャラクター設定が絶妙であり、それを演じる役者も映画俳優や舞台俳優などの熟練した俳優陣で固められており、昨今のアメリカドラマは、黄金期を迎えているといっても過言ではないのではないでしょうか。
シナリオが巧妙なのはもちろんのこと、そのドラマのジャンルはありとあらゆるものがあります。日本でもおなじみの警察モノから、医療モノ、アクションや、コメディ、すべてのジャンルがその時代の最先端を表しています。
今や映画業界よりもドラマ業界の方がそうしたすべての点において上回っているのではないでしょうか。
例えばアメリカ大統領を演じるドラマであれば、日本にいる普通の私たちでさえ、ホワイトハウスの中がどういったものなのかということをのぞき見ることが出来ます。こうした長いシリーズを作れるドラマならではの面白さを味わってみてはどうでしょうか。

 

ハリウッドについて

アメリカ合衆国ロサンゼルスにあるハリウッドは今日において映画の聖地とされるほど大量の映画が作られ、世界に輸出する地となっています。
サンタモニカ丘陵に建てられた「HOLLYWOOD」のサインは世界でもっとも有名なランドマークの一つであり、アメリカを代表するサインのひとつとしても扱われるようになりました。

ただこの地は最初から映画を作る町としてあったわけではなく、元々はいちじく果樹園としてあった地なのです。
映画とは縁もゆかりもなかったそうした地域が映画の聖地に成長するまでには、特許に関連する騒動がありました。
過去のアメリカには撮影に必要な機器や映画の制作会社が加盟する会社があり、そこに加盟せずに撮影をする会社に対しては多額の特許料の請求が行われていたのです。
それに反感を覚えたのが自由な作品を作りたい、どこかに所属せずに自分たちで作りたいと考えるクリエイターたちです。彼らが特許料の支払い請求が来ない地を求めて移動した結果見つかったのがハリウッドであり、ここはメキシコに近いため特許料の支払いを求める人がやってきそうな時には国境を越えて逃げることが出来たのです。

その後法律が変化したことによって高額な特許料請求が無くなると、才能あふれるクリエイターたちが住んでいたハリウッドに多くのクリエイターが移り住み、現在のような映画の聖地として成長していったのです。
さまざまな国が成長した今日においては必ずしもハリウッドで撮影された者ばかりでは無いのですが、今日においてもその価値は非常に高いものとなっているのです。

映画俳優について

俳優を大きく分類すると、舞台俳優と映像演劇の俳優に分けることができます。
勿論、どちらもこなせる器用な役者もいますが、芝居の手法や声の出し方など、多くの違いがあるため、どちらか一方しか出来ないとか、どちらか一方しかやらないという役者も大勢います。
また映像演劇の俳優の中には、映画俳優、テレビドラマの俳優、CM俳優などが存在します。それらの中で一番格が高いのは、今の時代でも、やはり映画俳優だと言えます。

それは映像演劇の始まりが、映画だったからです。
坂東妻三郎や市川雷蔵が活躍していた時代とは違い、今日の日本では、映画・ドラマ・CMの三つの中で、最もギャランティーの高い仕事は、CMになっています。それでも映像演劇専門の役者達にとっての檜舞台は、今でも巨大なスクリーンです。
映画の都であるアメリカでも、昨今ではテレビドラマの輸出に力が入れられているため、多くのハリウッド俳優達が連続ドラマに主演するという流れが出来ています。そうした世相であろうと、ハリウッドの重鎮達やトップスターの多くは、映画という物の格を重んじているため、決してテレビドラマには出演しません。
世界中の役者達が、申し合わせているわけでもないのに、なぜ映画俳優というものが、映像演劇を生業にしている者や志す者にとって、特別なのか。確たる答えなどありません。でも役者達自身が、そう位置付けているです。ですから、その理由をあえて推測するならば、「夢の象徴だから」ということかもしれません。

 

映画制作会社(20世紀フォックス、ユニバーサル・スタジオ、ワーナー・ブラザース・エンターテイメント)について

アメリカの数ある映画制作会社で影響力を持つものは6社と数えられ、その中でも活発に活動するのが20世紀フォックス、ユニバーサル・スタジオ、ワーナー・ブラザース・エンターテイメントです。ロサンゼルスの郊外にあるハリウッドが主な撮影場所とされ、一時期はほとんどがハリウッドで制作されたことから、映画の隆盛期に作られた映画をハリウッド映画と呼称することがあります。

この中で最も歴史が古いのはユニバーサル・スタジオで、実業家カール・レムリによって1912年に起業した現存する映画会社の中で2番目に古い歴史を持っています。ホラーというジャンルで人気を博したのち、ジャンルに囚われずに精力的に制作を行い、数々のヒット作を作り上げた大手となっています。

ワーナー・ブラザース・エンターテイメントは1923年に、ワーナー4兄弟によって設立された企業で、隆盛期にはスタジオシステムを持つ企業にまで発展し、ギャングもののジャンルを確立すると、その後も大手の一翼を担っています。20世紀フォックスは1935年と後発の会社となりますが、隆盛期にはすでに大手の風格を漂わせていました。

大型映画の先陣を切った企業であり、シネマスコープの導入を初めて行い成功させた経緯を持ちます。超大作映画の「クレオパトラ」を制作した際に巨額の赤字を出して倒産しかけたものの、その後に制作された「猿の惑星」などいくつかの大ヒット作で経営を立て直したというエピソードがあります。

 

映画(スターウォーズ、バックトゥザフューチャーなど)の視聴感想について

映画の視聴感想というのは映画をどの視点で感想を書くのかで違いがあります。
ストーリーの良さを伝えようとすると、予告編のような文体になったり、ストーリーを具体的に書いてしまうとネタバレになってしまいます。抽象的な表現でストーリーの良さを表現するのが、うまい視聴感想だといえます。
キャスティングは、ストーリーに出来る限り触れないように表現して、他の出演作との比較をすると読むほうがわかりやすく、イメージしやすくなります。音楽も同様なことがいえます。

スターウォーズ、バックトゥザフューチャーなど公開前から注目度の高いシリーズ映画の視聴感想は予備知識を必要とするものが多いです。なぜかというと、前作の映画は見てるものだと認識して、視聴感想を書いているからです。前作も含め一度も見たことがない人(予備知識のない人)向けに視聴感想を書くとしたら、一作目のプロローグから書くとなると、視聴感想というよりは映画の単行本をつくるのと変わらなくなってしまいます。

シリーズ映画というのは、一つの世界観を持っており、続編になって世界観が変わることはありません。スターウォーズの一作目と最新のスターウォーズで登場人物やストーリー(舞台、時代など)が変わっても、スターウォーズの世界観を変えることはしません。
予備知識がない人は一作目を見るか、その視聴感想を読んでみると、その映画の世界観がわかるので、予備知識を補うことができます。

ニューヨークコレクション(ファッション)

2018年に流行するネイルについて

ニューヨークコレクションで、2017年に流行するネイルを検索すると、ファッションに合わせて発表されています。2017年春夏は、スポーティが最大のトレンドとなっています。したがって、ネイルもファッションに合わせて、メッシュ素材のものや、季節柄、白が流行しそうです。スポーツブランドのロゴを入れることも、今年も流行する気配があります。
2017年春夏コレクションでは、シースルーも注目されています。スポーツテイストに、ワイドパンツ、シースルーがトレンドとなっています。ネイルに関しても、白を基調とした、シースルー感覚のものがよく合います。
さらに、2017春夏コレクションでは、民族調の花柄がよく見られました。したがって、洋服に合わせて、花柄で、明るい感じのするデザインのネイルが流行します。赤などの明るい色合いのものが映えます。
2017年春夏のフリルは、ビックなフリルです。胸元などに、大きくポイントとなるフリルが施されたドレスやワンピースが発表されています。こういったファッションには、ネイルもデコレイティブなものがよく合います。白一色で、宝石を散りばめた雰囲気のネイルなどは、フリルのファッションによく合い、魅力があります。
マリンファッションには、マリンネイルです。海や砂浜をイメージするようなデザインのものは、白、金、銀、青、ブルー等の配色で、10本の爪にバランスよく配置されると、とても美しくなります。

パリコレ・ニューヨークコレクション(ファッション)

 

パリコレクションの略称であるパリコレは、フランスのパリで開かれているファッションショーのことだと言えます。数多くのファッションデザイナーがオリジナリティーに溢れた洋服などファッションアイテムを発表する場であり、世界各国から注目されている世界最高峰のショーとなっていると想像しておいて構わないでしょう。

そのパリコレと同じほどに注目度が高く、発表されるファッションアイテムの質や奇抜性が高いとされているのがニューヨークコレクションです。パリコレクション、ミラノコレクション、ロンドンコレクションにニューヨークコレクションを含めた四つのファッションコレクションショーが世界的な注目度が特に高いのだと認識しておいてください。

一流デザイナーがデザインした洋服などを、一流モデルが着るといった点はパリコレ・ニューヨークコレクションの両方に当てはまると言えます。ちなみにコレクションの開催には順番があり初めにニューヨーク、次にロンドン、ミラノ、パリ、最後に東京でコレクションショーが行なわれるといった傾向があります。つまりパリコレが行なわれる前に開催される大規模なファッションショーがニューヨークコレクションとなっているのです。

パリコレやニューヨークコレクションで発表されるのは、一般的な量販店などで売られているような量産品ではなく非常に品質の高いオリジナルブランドがほとんどだと言えますので、高級ファッションに興味があるセレブ層に特に注視されているのだと考えておいてもいいでしょう。

2018年に流行するバックについて

ニューヨークでは上品で華やかな印象を持つブランド品のバッグが今後も人気を上げることは間違いない。素材が上部で良くて軽いなどの性能の良さは今後もどんどんあがっていく。 ピンク、黄、白、パープルなどのカラフルなものも たくさん作られます。

ブランド品が変わらず注目を集めている中、実はニューヨークを訪れる外国人観光客に今注目されているものがあります。それはエコバッグです。手頃な価格で持ち運びに便利そして地球にやさしいエコバッグは非常に今話題です。スタイリッシュで洗練されたデザインのものが多いエコバッグは見る人を大変魅了しています。

ちょっと買い物に行く時に持っていくバッグですが日本では絶対見つからないのも人気の秘訣です。何度洗っても使えるライフスタイルに溶け込んだバッグはゴミを減らすために作られた環境のことを考えたバッグです。旅行やちょっとしたお出かけ、お友達へのプレゼントバッグなどにもエコバッグは最適です。

海外の雑誌にも多く取り上げられているバッグはブランド志向が薄れていると言われる中で、女性が今も最もブランドにこだわるアイテムですがちょっとした買い物程度に持っていくにはそんな高価なものでなくていいという考えに移行しつつあります。

時計やアクセサリー、上品な洋服に似合う性能、デザインともに優れたバッグが人気なのは疑う余地がありません。しかしその一方で気軽さや手頃さなどを重視したものにも注目が集まっています。

 

ファッションショーで着用する衣装について

ニューヨーク、ロンドン、ミラノ、パリの順に開催される世界最大のファッションの祭典、世界4大コレクション。「プレタポルテ」と呼ばれる高級既製服のブランドが集まって開催されるファッションショーであり、展示会、即売会です。ここでは各コレクションで着用される衣装について、特徴を見ていきます。

最初に開催されるニューヨーク・コレクションでは「リアルクローズ」が多く発表されます。シンプルなデザインでも上質の素材を使い、丁寧に縫製された、実用性と機能性を重視したものが多いのが特徴です。アメリカン・デザイナーズ協議会(CFDA)に登録しているデザイナーが主体となっています。
次に開催されるロンドン・コレクションは、若者向けに志向が変わります。ロンドンはモッズやミニ、パンクの地であることから、若者のストリートファッションを意識したものが多くなります。
ロンドンに続いて3番目に開催されるのが、ミラノ・コレクションです。こちらは素材や着心地を重視した、大人志向のものが多くみられます。ミラノ・コレクションは女性のプレタポルテと呼ばれるほど、最も女性ファッションへの世界的影響が強いとされています。

4大コレクションの最後に開催されるのが、最も規模が大きく注目度の高い、パリ・コレクションです。ほかの3つと比較しても集まるプレスの数が圧倒的に多く、誰もが聞いたことのある高級ブランドが名を連ねます。ここではプレタポルテに加え、オートクチュールと呼ばれるオーダーメイド一点物の発表もされます。
このように、それぞれのコレクションでも異なった特徴がみられるのです。

世界4大コレクション(ニューヨーク、ミラノ、パリ、ロンドン)

ファッションの世界では毎年「コレクション」と呼ばれるファッションショーが開催されています。

ニューヨーク、ミラノ、パリ、ロンドンの四つのコレクションの総称が「世界4大コレクション」となっているのですが、ここでは世界を代表するハイレベルなファッションブランドやファッションモデルが活躍しています。

毎年まずはニューヨーク、次いでミラノ、そしてロンドン、パリというように行われていくのですが、ここに出場することはそれぞれのブランド、モデルにとって人生をかけるに値する目標となるのです。
特にこの会場に呼ばれるということはそれだけで一種のステータスになりますから、ここに呼ばれたブランド・モデルはまさに世界トップクラスの実力があるとして認められたのだと言えるでしょう。
またそうしたブランドやモデルと関係の無い一般人にとっても、多くのセレブや著名人が招かれるということで注目の的でもあります。

このセレブや著名人が招かれるということが一般人の興味を引き、ひいてはブランドやモデルを見てもらうための効果も期待できるわけです。
日本国内でもいくつかのファッションショーは行われていますが、これらと世界4大コレクションを比較するのはやはり不可能です。
世界4大コレクションは何と言っても世界の人が注目する一大イベントですので、国内ファッションショーとは比べ物にならない価値があります。
もちろん国際ファッションショーとして開催されているものも多いですから価値が無いということは絶対にありませんが、世界4大ファッションショーはこう言った理由があるからこそ世界トップクラスの地位があるのです。

ビジネス(企業、店舗、株・投資、法律)について

ビジネスと一言で言っても、様々な形態が有ります。関連する人の数が多く、範囲が最も広いものが、企業と呼ばれるものです。企業とは、営利を目的として経済活動をするものであり、その業種も規模も実に多岐に亘ります。身近な個人経営もそうですし、世界規模の大企業と呼ばれる会社もそうです。

そして、企業とは別にとらえられるビジネスとして、店舗が有りますが、関連する人の多さでは引けを取っていません。店舗は本来、物を売る場所を刺しますが、業そのものとして捉えるのが一般的になっています。もっとも身近な形態がこの2種類であり、これらは、実際に人の動きが有って成り立っています。その他に、会社に投資する取引の株、さらに具体的な物を対象にした投資もあります。不動産や先物取引などは分かり易い例です。

またこれらは、常に人が介在していなくても働く事が出来るビジネスとも言えます。そして、これらすべてのビジネスに関わっているのが、法律です。法律はそれ自体はあくまで決まり事に過ぎませんが、それ専門のビジネスが有り、それ無しにはあやゆる経済活動は成り立ちません。

こう見ますと、これら全ては、それぞれが関わりが有り、また全ての人に関わっていると言う事が出来ます。ビジネスとは、人抜きにしては成り立たないものであり、その為の決まり事が有り、そのやり取りにお金が用いられているという事では、全てのビジネスの基本は同じであるという事が出来ます。

スポーツ(野球、サッカー、格闘技)について

スポーツ観戦が趣味だという人も多いのではないでしょうか。しかしながらTVでしかスポーツ観戦はした事がないという人も多いかと思います。実際に生で観るのと、TVで観るのとではまた違う楽しみ方をする事ができるのでお勧めです。

応援している野球やサッカーなどのチームがあるという人は、一度実際に試合を観に行ってみるのもよいのではないでしょうか。生の試合ならではの臨場感や、皆で一つになって応援する空間というものを楽しめるのではないかと思います。

一人で観に行くのはなと思われるかもしれませんが、一人で来ている人も多いですし、同じチームを応援している人達が集まっているのでその場でスポーツ観戦を通して新しい仲間ができる事などもあります。

また格闘技などもTVで観るのと、生で観るのでは迫力が違いますのでお勧めです。きっと生で観るともっと好きになるのではないかと思います。スポーツ観戦というのはとても素敵な趣味だと思いますし、応援できるチームや人がいるというのはとてもよい事だと思いますので、一度勇気を出して実際に観に行ってみる事をお勧めします。

同じチームや人を応援している仲間ができると今までよりもさらにスポーツ観戦を楽しめるのではないかと思います。またスタジアムなどで様々なイベントをやっている事がありますので、そういうイベントをやっている時をねらって試合を観に行くのも、試合にプラスして楽しめると思いますので、お勧めです

トラベル(国内旅行、海外旅行)について

長期休暇などを利用して国内外に旅行する人が年々増えてきていますが、トラベル先として選ぶなら、国内と海外のどちらが良いのでしょうか。国内旅行は海外旅行と違って現地でのコミュニケーションが楽です。方言や訛りのある地方では多少の聞き取りにくさはありますが、母国語が通じるので旅行で感じるストレスは比較的少ないといえます。衛生環境が良いのもメリットとして挙げられます。

道端に落ちているゴミの量は少ないですし、食品も海外と比べて安全性が高いといわれています。国内旅行は手軽に行けるというメリットがありますが、名所以外の場所には魅力がないのがデメリットといえます。海外旅行では目新しい各都市の街並みに心躍らせることができますが、住みなれた日本ではそうした体験ができないからです。

物価が高く、思う存分買い物ができないこともデメリットとして挙げられます。海外旅行では文化の異なる人々とのふれあいを楽しむことができます。目に映る全てのものが新鮮で、日本ではできない体験もできるので、自分磨きや現実逃避には最適だといえます。物価が安い国だと現地の料理やお土産をたくさん買うことができるので、買い物好きにはおすすめできます。しかし、外国語でコミュニケーションをとる必要があること、治安や衛生環境が良くない国が多いというデメリットがあります。海外旅行にはパスポートが必要ですが、入国先と対立関係にある国のスタンプがあると入国を拒否されることがあるので、海外に行く際には注意しましょう。

健康・医学(病院、治療院、介護、整体・整骨院)について

女性はパートワークをしたい、すなわち何か本格的な知識や技術、ハウツーを通信教育やその他の安価な方法で学びたいと思ったことがある人は少なくないでしょう。医療、音楽、ダイエットなど、その分野は様々であると思います。しかし、明確な目標がなければやる気が起きなかったり、何冊もの本や雑誌を読もうという意欲がわきにくいというのも事実です。
そこで、女性のパートワークを支えるものとして資格に着目していきます。
例えば、医療分野であれば医療事務などの資格が挙げられます。これは、患者さんが受けた医療をレセプトという用紙に記入し、国からの医療費を請求する仕事の能力を問う資格です。また一口に医療と言っていますが、実際には医科、歯科、調剤の3種類があります。この資格は、様々な団体が行っていますので、ご自身にあった試験を目指してください。
他にも、音楽であれば音楽検定というものがあります。音楽記号や音楽用語、音楽史などの他、音を聞いてこれは何の楽器で演奏しているでしょう、といった問題が出題されます。こういった検定を受けて、ご自身が普段聞いている音楽にはどんな時代背景があるのか、作曲者はどのような思いでこの曲を作ったんだろうかと考えるのも楽しいものになるのではないでしょうか。
パートワークの最も手軽な方法といえば、専門雑誌を買いそれを読むことです。例えば、医療系の雑誌でも、現職看護師や医師向けのものもあれば、家庭で役立つ雑誌もあります。
どの分野であれ、ご自身が知りたい情報の難易度、または理解度にあわせた雑誌選びをする必要があります。

整体院と接骨院の違いについて

どちらも同じようなイメージの方も多いといえますが、大きな違いは整体院などの「整体師は民間資格」、接骨院などの「柔道整復師は国家資格」だということです。
整体は民間資格のため保険が使えず、「60分 XX円」などのケースが多く、主に身体全体を整えるものとなります。
また、整体師はその行為をするときは「施術」であり、「マッサージ」というワードは禁じられています。
接骨院では、保険対応ができ、(一部鍼などは対応できない場合もあります)、電気器具を使用して身体の奥の場所を刺激していきます。症状によっては、身体を揉むことをする時もありますが、その多くは10~15分程度ど短いものが主流であるといえます。
ひどい肩こりや腰痛を改善したい場合は整体院を利用することがメリットともいえますし、ムチウチやヘルニアなどの症状を改善したい場合は接骨院での治療がメリットがあるといえます。
このように、普段何気なく接しているものの中でも、違いがあることがわかります。
例えば、病院は薬を処方することのできる医師が常勤しており、医療行為ができるものです。
また、治療院はあんま・マッサージを行う指圧師、介護は介護をするために介護福祉士なども資格をもった者、そして先ほど説明した整体、そして接骨院などで、今お話ししたこれらは医療行為を行うことができないため、病院との大きな違いがあります。
その状況と用途によって、病院・治療院・介護・整体・接骨院などを上手に使いわけて利用することをお奨めします。

医療、音楽、ダイエットなどの総合情報

若年性糖尿病について

若年性糖尿病とは簡単に述べると、25歳以下の若年層に分類される者が発症する糖尿病のことですが、医療の進歩によりその定義は少しずつ変わってきています。
糖尿病には、自己免疫の働きにより膵臓にあるβ細胞が破壊され、インスリンの分泌ができなくなってしまいことによって起こる「1型糖尿病」と、運動不足や肥満、喫煙、食べ過ぎなどといった乱れた生活習慣や、加齢、ストレス、遺伝的な原因などによって、インスリンの分泌量の減少やインスリンに対する抵抗の増加が起こった結果発症する「2型糖尿病」の2種類が存在します。

かつて、若年性糖尿病はほぼ1型糖尿病のことを指していました。これは、1型糖尿病が年齢が若い者が多く発症する傾向にあり、生活習慣などに関係なく発症する病気であることに起因しています。しかし、若年層の間でも2型糖尿病の発症例が増えてきた現代では、若年性糖尿病を1型糖尿病の別名として認識する者は少なくなり、単に子供や若者が発症する糖尿病の総称として若年性糖尿病という言葉が使われる傾向にあります。

1型糖尿病はどんなに気をつけていても突然発症してしまう疾病ですが、2型糖尿病については生活習慣を乱さないように心がけていれば若いうちに発症するのを防ぐことができます。糖尿病はいったん発症してしまうと生涯にわたって付き合っていかなければならず、治療費用もかなり高額になります。体力や気力が充実している若い人は、生活の中ではしばしば無理をしがちになりますが、できるだけ身体に負担がかかるような行動をしないようにして、糖尿病の予防につなげていきましょう。

 

子供のためのマルチビタミンサプリメントについて

子供のために医療関連のものを摂取させるのは、少し不安がありますが健康食品であるマルチビタミンサプリメントなら、食事だけでは摂取しにくい栄養もバランスよく配合されていておすすめです。

発育ざかりの子供には、カルシウムなどの栄養素が必要です。
しかし、毎日の食事だけだと足りないこともあります。
カルシウムは、成長期に摂取することで骨が強くなって、身長にも影響が出てきます。

また、成長期は貧血になりやすいので、鉄分も取った方がよいです。
カルシウムは牛乳なども吸収率が良いので、嫌いでないときは牛乳でとるのもよいです。
ただ、鉄分は通常の食事からは摂取しにくいので、サプリメントの方が効果的です。

マルチビタミンサプリメントは、普段の食事では補えない食事の補完や、足りない栄養を保管する基本的なサプリメントです。
含まれている成分は商品によって異なりますが、ビタミン類とミネラルなどが手軽に取れます。
身体の中では様々なビタミン、ミネラルが互いに協力して働いていて、どれか一つかけても正常に働くことが出来ません。

バランスの良い食事をとりながら、足りないと感じた時にサプリメントで補給するとよいです。
近年は、ライフスタイルの変化や食事の欧米化によって、生活も食生活も変わっています。
主に野菜などに含まれている栄養素の量も少なくなっていると言われていて、これまでは各栄養素も充分に摂取出来て、摂取量と消費量のバランスもとれていましたが、現代は中々必要な栄養が摂れず、消費量とのバランスもとれていないと言われています。

現代人は、基本的なマルチビタミンサプリメントで補った方がいいです。

 

一番効率よく痩せる方法について

どうすれば効率よく痩せられるかを考える方は決して少なくありません。その動機は人それぞれで、キレイな体にしたいや健康のために痩せたいなどが挙げられます。ですがテレビやインターネットで情報が生まれては消えを繰り返している現代、せっかく始めようと思っても自分に合うダイエットが他にあるのでは、と思いなかなか最初の一歩が踏み出せないものです。

そういう方は、とりあえずチャレンジしてみる事です。最悪三日坊主になっても構いません。始めてみなければ絶対痩せられません。何故とりあえずで良いかというと、人によって体質が異なる以上効果も変わってくるからです。

他人が絶賛するダイエット方法でも、自分が行ったら大したことがない事は大いにあり得ます。逆もまたしかりです。さまざまなダイエットを試す事で、自分にとって我慢しやすい・しにくいポイントを把握できます。そこまで理解できれば後は最適なダイエットを実践するだけです。

ちなみにダイエットをする際は、医療情報もチェックしておきましょう。さらに無理せず病院に行く事をオススメします。病院によってはダイエットを扱っている場合があります。独断ではわかりにくい事でも、医師の意見を聴ければ頼りになるはずです。ダイエット中は普段の生活スタイルを変える事になるので、心身に負担がかかります。

そこで我慢すると余計辛く感じたり重大な病気になったりする可能性があるので、何か異変を感じたら無理をしてはいけません。効率ばかりを求めず、急がば回れを意識してダイエットに臨みましょう。

アメリカ・チャタヌーガ

アメリカ・チャタヌーガの歴史

チャタヌーガは、アメリカ合衆国テネシー州南東部に位置する観光都市です。
テネシー州でjは4番目の人口数で、全米でも特に住みよい都市の一つに成長しています。
アパラチア工業地帯の主力として知られていたが、公害で環境も悪化してしまったという過去がありました。
再開発によって、現在のような美しい都市へと変化し、商業都市としても発展しています。
チャタヌーガという名前は岩が迫り来る場所という意味を持ち、先住民族であるインディアンのチェロキー語となっています。
そんなチェロキー族は、都市開発の際に、強制移住をさせられてしまい、土地を奪われたという歴史もありまうs。
現在は観光客が多く訪れているため、産業として力をいれており、ルックアウトマウンテンからの展望、そしてその頂上から走る世界一の急傾斜を走るケーブルカー、岩石と植物が織りなすロックシティガーデン、世界中の淡水魚が集まるテネシー水族館などが人気のスポットとなります。

アメリカ・チャタヌーガの観光スポット

チャタヌーガはアメリカ合衆国のテネシー州にある観光都市です。
最も有名なスポットとしては、ルックアウトマウンテンがあり、南北戦争時代の砦など歴史を感じるものが多くあります。
そして、世界最大の急勾配を登るケーブルカーがあり、ルックアウトマウンテンの麓から頂上までを結んでいます。
ケーブルカーに乗って壮大な景色とゆったりとした時間を過ごすことができるため非常にお勧めです。
次に話題となっているのがテネシー水族館で、テネシー川沿いのチャタヌーガ中心にあるため、ホテルから近いこともあり、気軽に行けることが大きな魅力です。
この水族館の特徴としては淡水魚が中心となっていることで、小さなものから巨大なものまで、世界各地の川や湖から魚が集められており、もちろん日本の魚もいます。
近くには観光案内所もあるため、細かいスポットのチェックにも利用できるでしょう。
テネシー川を展望したいという方には、ウォルナット ストリート ブリッジがおすすめです。
雄大な景色を見ることができるため、写真撮影をするには絶好の場所となります。

アメリカ・チャタヌーガと日本の関係

チャタヌーガというのは、アメリカのテネシー州とジョージア州の間にある町であり、その町名は「岩が迫っている場所」という意味があります。そこにあるルックアウト・マウンテンにはこ風光明媚な景色を楽しむことができます。観光地としても知られている場所になります。

日本能登の関係については、日本人は多くありません。しかし、岩手県の遠野市では、海外交流事業として高校生や中学生の派遣交流を行っています。高校生は約3週間、中学生は1週間という期間で、現地にホームステイを行っています。その期間では、チャタヌーガ市の学生との交流を行っているのです。逆に現地の学生は夏に遠野を訪れて高校に通うようになっています。その際、アメリカの学生をホームステイさせるようになっています。

このように、相互でその国の家を訪問して海外交流を図っているのです。アメリカの小さな田舎町ですが、自然も多く、見所がたくさんある場所なので、行くだけの価値があることでしょう。

日本からアメリカ・チャタヌーガへの行き方

チャタヌーガというのは、アメリカのテネシー州にある観光地になります。チャタヌガとも呼ばれており、位置としてはテネシー州とジョージア州の州境にあり、小さな田舎町です。「岩が迫っている場所」という言葉を意味するチャタヌーガにはルックアウト・マウンテンがあって、とてもすばらしい景色を楽しむことができます。

こちらへのアクセスですが、日本からは直行便がないために、アメリカの大都市にあるメジャーな空港で乗り換えて、近くのメトロポリタン空港に行くのが一番早い方法でしょう。そのほかには、アトランタなどからツアーで行く方法もあります。

チャタヌーガでは、世界一の急傾斜を味わえるケーブルカーに乗ることができたり、ロックシティ・ガーデンで景色を楽しむことができたり、ルビーフォールズでは鍾乳洞と地底の滝を体験することができたりします。
最近、日本からの観光客も増えつつある観光地になります。一度いってみるのもいいでしょう。